スタッフ紹介

院長紹介

院長の顔写真
院長:村本 健 (むらもと たけし)
東京医科歯科大学大学院 文部科学教官
1996年 東京医科歯科大学歯学部卒 歯学博士
日本矯正歯科学会 認定医
日本顎関節学会 専門医
日本矯正歯科学会 学術奨励賞(第7号)受賞
東京医科歯科大学大学院 講師
2007年 船橋矯正歯科 開院

私自身、子供の頃、東京医科歯科大学歯学部附属病院で矯正治療を受けていました。それがきっかけで矯正専門医の道を選びました。 矯正治療は頑張らなければならないこともありますが、終わってきれいになったときに、やってよかったと思える素晴らしいものだと思っています。自分が患者であった経験を踏まえ、できるだけ目立たない装置、より痛みの少ない治療法を積極的に取り入れて、治療を行なっています。矯正治療中も楽しく生活できることを目標にしています。素敵な笑顔になれるよう一緒に頑張りましょう(^.^)

スタッフ紹介

副院長イラスト
副院長 むらもと
歯科医師
東京医科歯科大学卒業

趣味は家事・子育てです。
心配な事は何でも聞いて下さい。
母親目線でお答えします(^。^)
歯科衛生士イラスト
歯科衛生士 まつもと

いつもきれいなお口でいられるよう
ピカピカにしますので楽しみに
ご来院ください。
歯科衛生士イラスト
歯科衛生士 おおた

楽しく治療にいらっしゃれるように
お手伝いをさせていただきます。
受付イラスト
歯科衛生士 きむら

お気軽にお問い合わせください。

院長の略歴

1996年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学歯学部 歯科矯正学第一講座 入局
2000年 東京医科歯科大学大学院修了 歯学博士(歯科矯正学) 取得
2001年 日本矯正歯科学会認定医 取得
2002年 日本矯正歯科学会学術奨励賞(第7号) 受賞
2003年 東京医科歯科大学大学院 文部科学教官
2004年 東京医科歯科大学歯学部附属技工士学校 非常勤講師併任
2006年 東京医科歯科大学歯学部 講師
2007年 船橋矯正歯科 開設 
国立大学法人東京医科歯科大学 大学院 講師
船橋市 指定自立支援医療機関
2009年 日本顎関節学会認定医 取得
2012年 日本顎関節学会専門医 取得
所属学会 日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎関節学会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
所属団体 日本歯科医師会
千葉県歯科医師会
船橋歯科医師会

院長発表論文等


著書 2002年 ・「特集:咬合異常による障害とその改善」時代とともに,社会が診た不正咬合
臨床家のための矯正YEAR BOOK ’02, クインテッセンス出版, pp114-117.
・「最新の基礎研究を知る」咬合機能喪失後の歯における歯根膜機械受容器の経時的変化.
臨床家のための矯正YEAR BOOK ’02, クインテッセンス出版, pp19-23.
2003年 ・ 顎関節症と歯科矯正診断・治療.
顎関節症, 日本顎関節学会編, 永末書店, pp245-255.
講演 2002年
・The Influence of Occlusal Stimuli on Structural Integrity of Periodontal Mechanoreceptors and Jaw Muscle Spindles.
The 7th International Seminar for the NRCT-JSPS Core University Program in Dentistry,
2005年 ・ Masticatory Muscles, Occlusion and Their Association with the TMJ.
Mahidol University, Bangkok, Thailand
・Masticatory Muscles, Occlusion and Their Association with the TMJ.
Chiangmai University, Chiangmai, Thailand,
2006年 ・Orthodontic treatement for patients with temporomandibular disorder.
顎間節部の再建と組織再生に関する国際カンファレンス-広島.
2010年 ・学童期における歯並びについて―早期発見・早期対応のポイント―
第11回船橋市学校歯科保健検討会
2011年 ・歯の交換期に必要な矯正治療
-歯のはえかわりと歯並びについて留意すること-
船橋市口腔衛生指導講演会
受賞 2001年
第4回日本矯正歯科学会学術奨励賞
2003年 第16回日本顎関節学会・学術大会ポスター発表優秀賞
2004年 第17回日本顎関節学会・学術大会ポスター発表優秀賞
2005年 第64回日本矯正歯科学会・学術大会優秀発表賞
論文 2000年
・Time-Related Changes in Periodontal Mechanoreceptors in Rat Molars after the Loss of Occlusal Stimuli. Arch Histol Cytol 63 (4): 369-380, 2000.
2002年 ・Growth-associated protein-43 immunohistochemical and ultrastructural changes in jaw muscle spindles of the rat following loss of occlusion. Arch Oral Biol 47(3): 227-237, 2002.
・Damping capacity of orthodontic wires decreases the transmission of undesirable force: an experimental study in rats. Orthod Waves 61(6): 441-446, 2002.
2004年 ・Changes in response properties of periodontal mechanoreceptors after experimental orthodontic tooth movement in rats. Angle Orthod 74(1): 93-99, 2004.
・Age-Related Changes and Possible Adaptability of Rat Jaw Muscle Spindles: Immunohistochemical and Fine Structural Studies. Arch Histol Cytol 67(3): 227-240, 2004.
2005年 ・Occlusal Forces Promote Periodontal Healing of Transplanted Teeth and Prevent Dentoalveolar Ankylosis: An Experimental Study in Rats. Angle Orthod 75(4): 637-644, 2005.
・咬合刺激が成長期歯槽骨および顎骨の骨形成能に及ぼす影響について. 日骨形態誌 15(1): 29-34, 2005.
2006年 ・Effects of Functional Lateral Deviation of the Mandible and its Positional Recovery on the Rat Condylar Cartilage during the Growth Period. Angle Orthod 76(4): 591-597, 2006.
2007年 ・Effects of Occlusal Stimuli on Alveolar/Jaw Bone Formation. J Dent Res 86(1): 47-51, 2007.
・The influence of masseter activity on rat mandibular growth. Arch Oral Biol 52: 487-493, 2007.
・Effects of masticatory muscle force on temporomandibular joint disc growth in rat. Arch Oral Biol 52: 1186-93, 2007.
・Effects of occlusal loading on alveolar bone remodeling and changes in the distribution of neuropeptides after tooth replantation in rats. J Med Dent Sci 54(1): 49-56, 2007.
・ Influence of estrogen cycle on temporomandibular joint synovial membrane in rat with deviated mandible. J Med Dent Sci 54(1): 79-85, 2007.
2008年 ・ Influence of liquid diet feeding on calcitonin gene-related peptide-like immunoreactive nerve fibers in rat temporomandibular joints during growth period. Orthod Waves, 2008 in press.
学会発表 1999年
・ 咬合喪失後の歯および歯周硬組織添加・吸収パターンの経時変化. 第41回歯科基礎医学会
・ 対合歯抜去後のラット臼歯歯根膜機械受容器の経時変化. 第58回日本矯正歯科学会
2000年 ・ 咬合機能低下時における歯および歯周硬組織. 第59回日本矯正歯科学会
・ 矯正患者の来院動機の実態調査. 第59回日本矯正歯科学会
2001年 ・ Loss of Occlusion Affects Jaw Muscle Spindles of the Rat. 79th General Session of the International Association for Dental Research
2002年 ・ ヘッドギアと拡大装置の同時使用例. 第61回東京矯正歯科学会
・ ラット切歯咬合機能低下・回復における歯根膜機械受容器の形態学的変化. 第61回日本矯正歯科学会
・ 矯正力負荷時および除荷後におけるラット歯根膜機械受容器の応答特性の変化について. 第67口腔病学会
2003年 ・ 当科における顎関節症を伴う前歯部開咬上顎前突患者の下顎頭形態に関する臨床統計学的検討. 第16回日本顎関節学会
・ 顎関節に疼痛の認められる開咬症例に対する矯正治療. 第16回日本顎関節学会
・ 下顎頭の吸収が疑われる開咬症例に対する歯科矯正学的配慮. 第16回日本顎関節学会
・ 実験的歯の移動後における歯根膜機械受容器の機能的適応. 第62回日本矯正歯科学会
・ 下顎の偏位が顎関節に及ぼす影響. 第62回日本矯正歯科学会
・ 加齢と咬耗に伴うラット咀嚼筋筋紡錘の変化と適応性. 第48回日本顕微鏡学会
2004年 ・ Age-related changes in adaptability and structure of jaw muscle spindles. 80th European Orthodontic Society Congress, Aarhus
・ Occlusal Hypofunction Decreases Horizontal Alveolar Bone Apposition during the Growth Period. 1st Asian Pacific Congress of Bone Morphometry
・ 咬合刺激が成長期歯槽骨に及ぼす影響について. 第24回日本骨形態計測学会
・ 咀嚼筋力がラット下顎頭の成長発育に及ぼす影響について. 第17回日本顎関節学会
・ 早期接触による下顎の偏位および回復が成長期顎関節に及ぼす影響. 第17回日本顎関節学会
・ 下顎骨の側方偏位を伴う反対咬合患者の下顎頭形態に関する調査. 第17回日本顎関節学会
・ 矯正力による刺激は歯槽骨や歯根膜の再生を促す. 第20回日本歯科医学会
・ 下顎の偏位が顎関節に及ぼす影響―第二報―. 第63回日本矯正歯科学会
・ Structural Changes of Jaw Muscle Spindles Associated with Aging in Rats. 第63回日本矯正歯科学会
2005年 ・ Calcitonin Receptor Expression on Dental Tissue after Tooth Replantation. 6th International Orthodontic Congress
・Neuropeptide Expression (VIP) on Rat Tooth-Related Structures: Effects of Occlusal Hypofunction and Recovery. The 64th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society
・上下顎骨切り術により治療した下顎頭過形成により顔面非対称の1症例. 第15回日本顎変形症学会
・ ラット顎関節円板の成長発育に伴う物理学的性状の変化に関する検討. 第18回日本顎関節学会
・機能的側方偏位が成長期下顎骨及び顎関節円板に及ぼす影響. 第18回日本顎関節学会
・ 咀嚼筋力低下が成長期ラット顎関節円板の物理学的性状に及ぼす影響. 第18回日本顎関節学会
・ 咀嚼筋力が成長期ラット下顎頭の形態形成に及ぼす影響について. 第18回日本顎関節学会
・ 咬合回復が成長期の顎骨および歯槽骨形成に及ぼす影響. 第64回日本矯正歯科学会
・ 咀嚼筋力が成長期の下顎骨形態に及ぼす影響. 第64回日本矯正歯科学会
・ 咀嚼筋力が成長期の咬合状態に及ぼす影響. 第64回日本矯正歯科学会
・ 咀嚼筋力が成長期の顎関節円板後部組織に及ぼす影響. 第64回日本矯正歯科学会
・上顎骨の圧下量に左右差を求めた側方偏位を伴う骨格性下顎前突の2症例. 第64回日本矯正歯科学会
2006年 ・Neuropeptides and occlusal force on bone remodeling after tooth replantation. 84th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research
・ Influences of Bilateral Masseter Resection on TMJ Disc in Growing Rats. The 65th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, The 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korean Association of Orthodontists
・Ankylosis after Tooth Replantation: Are Neuropetides and Occlusal Force Related to Ankylosis Development? The 65th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, The 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korean Association of Orthodontists,
・ Influence of Lateral Mandibular Deviation on the TMJ Synovial Membrane during the Estrogen Cycle. The 65th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, The 1st Joint Meeting of the Japanese Orthodontic Society and the Korean Association of Orthodontists
2007年 ・ 成長期ラット顎関節における神経ペプチドの発現. 第66回日本矯正歯科学会
・液状飼料飼育が成長期の顎関節に分布するCGRP陽性神経線維に及ぼす影響について. 第66回日本矯正歯科学会
2009年 ・ 下顎の左方偏位を伴う左側顎関節症症例に対する歯科矯正治療. 第22回日本顎関節学会
2010年 ・ 低機能歯の骨性癒着診断についての歯科矯正学的検討. 第69回日本矯正歯科学会
受講セミナー 2007年 ・ クリアアライナーセミナー 2007-12
2008年 ・ インビザライン・サーティフィケーション・コース 2008-04 インビザライン認定ドクター取得
・ Dr.Scuzzo STbライトリンガルシステムセミナー 2008-11
2009年 ・ シンプルリンガルシステムセミナー 2009-10
2010年 ・ Dr.Wiechmannリンガルタイポドントコース 2010-3 インコグニート認定ドクター取得
・ PPAS-4Gを用いた包括的矯正治療 2010-7
・ Roth philosophyベーシックコース 2010-9~11
2014年 ・ リンガルストレートワイヤーシステム 2014-7
2015年 ・ 症例から学ぶストマトロジー矯正治療 2015-1
2016年 ・ 「アリアス」によるリンガルストレートワイヤー法 アドバンスコース 2016-7
・ 矯正用アンカースクリュー ベーシックセミナー 2016-8
・ 抜歯しない埋伏歯の矯正歯科治療 2016-9
2017年 ・ 舌側矯正マスターコース 2017-5 ~ 2018-1
・ 埋伏歯の矯正治療 歯胚は回転する 2017-06